歯が急に茶色は虫歯じゃないシミの可能性がある

歯が急に茶色は虫歯じゃないシミの可能性がある

歯が急に茶色は虫歯じゃないシミの可能性がある

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-1300055494239780"
data-ad-slot="6269131701"
data-ad-format="auto"
data-full-width-responsive="true">

 

歯が茶色っぽい・・・これは虫歯かも・・歯医者行かなければ・・・

 

歯が茶色になると=虫歯と思ってしまいます。
でも、もともと茶色のシミになりやすい歯というのもあるらしいです。

 

また、詰めたものが年齢とともに茶色くなることも!

 

私も歯医者で見てもらったときに、絶対に茶色っぽいから虫歯だと思っていたら、以前詰めたものが変色して茶色になっているだけで虫歯ではなかったことが何度もあります。

 

歯に詰めるときに安いものを選んだり、長い時間そのまま詰めていると変色するそうです。

 

この変色って白くなることは無理なのかしらと思ってしまいます。

 

普通の歯はホワイトニングの歯磨き粉を使うと少しずつでも白くなってきますが、詰め物が変色したりもともと茶色くなりやすい場合は無理みたいですね。

 

どうしても白くしたいときには、歯医者で詰め治してもらうとか削って白い詰め物をしてもらう必要があるようです。

 

でもやっぱり時間とともにそれも茶色くなってしまいますね。

 

虫歯でもないのに削るのも歯に良くなさそうです。

 

 

また、歯が茶色くなる原因としてコーヒーやお茶、ワインなどのステインが歯につくことで茶色くなることもあ有ります。

 

これは着色汚れといわれています。

 

そのような色が付きそうな飲み物を飲んだらすぐにすすいだり歯を磨いたりしたほうが良いかもしれませんね。

どうしても歯の茶色が気になるならホワイトニング|審美歯科とホームホワイトニング

歯は見た目が白くて綺麗な方がいいですね。

 

以前は歯医者さんと言うと虫歯を治すだけと言うイメージでしたが、この頃では白くて綺麗な飯を作るためのホワイトニングを行っているところも増えてきました。

 

歯医者さんで行うホワイトニングのことをオフィスホワイトニングと呼び自宅で歯をきれいにして白くすることをホームホワイトニングと呼んでいます。

 

また、両方を合わせてデュアルホワイトニングと読んでいます。

 

虫歯を治すときの治療は保険で出ますが、歯をホワイトニングするときの治療費は料金が高くなることがあります。

 

オフィスホワイトニングで1万円以上かかります。
それに対してホームホワイトニングは相対的に価格が抑えられます。

 

ではホームホワイトニングはどのような特徴があるのでしょうか?
日中にマウスピースを2時間ほどつける必要があります。

 

このようなことからマウスピースを付けているのが苦手な人には向きません。
また、効果が出るのに時間がかかりますので結婚式のために歯をキレイにしたいなどの予定がある人は歯医者さんでのホワイトニングがいいでしょう。

 

ホームホワイトニングは、食べ物にも制限がかかってしまいます。
歯に色が付きやすい状態になるために、色の濃い食事などカレーやチョコレートコーヒー紅茶などの色素が付きやすい食べ物もNGになります。

 

ホームホワイトニングを始めるのには専門のコーディネーターがいる病院を選ぶといいですね。
特に初めての人は何をしたらいいのか迷ってしまうことも多いでしょう。
そんな時に気軽に聞けることが大切です。

 

ホームホワイトニングを始める際に最初はあなたの歯の形を作ります。
それを使ってホワイトニングをしていきます。
効果は早い人だと2週間、遅くとも4週間後には何らかの効果を実感できる人が多いようです。

 

ホワイトニングに適さない歯は詰め物やかぶせ物があってそれがもとで色が黒く見える、神経のない歯などです。

 

このような場合はいくらホワイトニングをしても白い歯にはなりませんので心配な時には専門医に相談してから始めましょう

 

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-1300055494239780"
data-ad-slot="6269131701"
data-ad-format="auto"
data-full-width-responsive="true">

スポンサードリンク